遠くまで

更新停滞中です。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

もう1つの「魔王」記念日

今年もまだ書き続けますが(笑)、「魔王」が終わって今日でちょうど4年。
2008年もオリンピックの年であり、24時間TVの年だったなあと思い出します。

欠点やアラも多かったけれど、最中にはいろいろ心配もしたけれど、それでも本当に好きだったドラマ。

この先も当分、忘れません。
「魔王」 | comments(4) | -

最終回から三年

「魔王」最終回から今日で三年です。

最近、また「魔王」DVDを引っ張り出して見ることがあります。三年経っても、作品の中では成瀬領は復讐に燃え、芹沢直人は過去に怯えつつも使命感に動かされています。三年前と同じ、初めから悲劇的な結末が見えているような人間関係にはやっぱり重苦しい気持ちになるけれど、一方でその「変わらなさ」に安心している自分もいるんですよね。あの夏のいろいろはDVDという形になって美しく完結しているから、あとは好きなだけ彼らを楽しむことができる。

成瀬先生も芹沢さんももちろんドラマの中の人物だけど、2008年夏には、私たちの中に確かに存在していたよね。
「魔王」 | comments(0) | -

2年がたって

2年もたってるけど、また書いちゃうよ。

2008年9月12日はドラマ「魔王」の最終回でした。そして、作中で成瀬領と芹沢直人が命を落とした日でもありました。

終わってからこんなに時間が過ぎているのに、私にとってやっぱり「魔王」は特別なドラマです。原作のあるドラマを無理に縮めたことによる展開の速さなど、ツッコミ所は多々あったけど、それでも好き!と胸を張って言えます。
大野さんという人はもともと「役」そのものになりきって、自分を近づけていくタイプの役者さんだと思ってるんですけど、あの夏の大野さんの危うさみたいなものには心配になる一方で、ぞくぞくするほど惹かれるものがあったなあ。
記念なので、今日も「魔王」DVDを見ることにします。


…と、その前にバースデイメッセージ見なくちゃ。
大変わたくしごとですが、誕生日でした。
「魔王」 | comments(4) | -

7月4日は魔王記念日

…ということで、久々に第1話を見返していました。

画面を見ていると、ここに映っているのがもう1年前の大野さんなのだということが不思議に思えます。
これからの展開を全部知っているから、未来を暗示するように係長から「長生きできないぞ」と忠告される直人も、「心がない」と言われる領も同じように切ない…!

1年前の夏は、本当に暑かったですね。
「魔王」 | comments(2) | -

魔王がやってきた

ウチにも魔王(のDVD)がやってきたよ〜!

でも、これでもう本当にあのドラマは終わり。…複雑です。
特典映像を早く見たい気持ちはあるけど、せめて今日はまだ開けないでおこう。
「魔王」 | comments(2) | -

終わってよかったんだ

「魔王」についてのちょっとイタイ感想というか後日談(私の)みたいなもの。
続きを読む >>
「魔王」 | comments(0) | -

魔王とBANANA

昨日、コメントへの返信を書きながら、急に

「魔王」の最後は、名作「BANANA FISH」の最後に似ているかもしれない!

と思いつきました。
私はこのマンガがすごく好きなんですけど、(※以下、反転でお願いします)

領のように非情で大きな力をもった悪のヒーローが、山野という、物語的には小さな存在に刺された傷が致命傷となって死んでしまうところ

がアッシュの最後とちょっと似てるなあと思ったのです。
あのマンガの終わり方は本当に切なかった…! 初めて「光の庭」を読んだときには号泣してしまいました。
今でも自分がしんどい時に読み返す、大切な本です。
「魔王」 | comments(4) | -

「魔王」最終回

「魔王」最終回感想です。
続きを読む >>
「魔王」 | comments(4) | -

最後の魔王メール

これで魔王メールを見るのも最後かぁ…
とちょっとしんみりしながら携帯を開いたら、思わず吹き出しました。

それは告知なの? それともノロケなの?!

どっちにしても、寂しい気持ちは一瞬で消え去りました。
ありがとう魔王。3ヶ月間、金曜日のこの時間が本当に楽しみでした。どうもありがとう!
「魔王」 | comments(0) | -

アリかナシか?

今日の「魔王」では泣きませんでした。でもやっぱり切なかった…!

「会うのはこれが最後」
ということは、領には既に、自分の最後の予感があるのでしょう。
それは復讐計画を練り始めたときから覚悟していたことかもしれないけど、こんな風に愛する人と別れなければいけなくなるなんて。
…毎週見ているとつい、領に感情移入しすぎて、領が犯した罪の大きさを忘れそうになってしまいます。
彼の罪は決して許されないものであるけれど、でも!それでも!! …というこの気持ち。はー、切ない。

ところで、この話でまだ明らかにされていない点のうち、1つ気になるのは本物の領の事故のことです。
領と友雄はどういう関係だったのか。
そして領の事故を友雄が利用したのは間違いないことだけど、この痛ましい事故は偶然だったのか。
7話で真紀子さんが言っていた、
「領があなたを信じたように。」
という言葉を考えると、どうか単純に不幸な事故であってほしいと思います。
すでにこの時から友雄が復讐のために手を汚していたのなら悲しすぎる。

残すところあと3回で物語も大詰め。
来週は直人と魔王の対決がありそうで楽しみですが…
超シリアスな次回予告をバックに、CDプレゼントで大野さんのほわほわとなごむ声が流れるのはアリですかナシですか?!
「魔王」 | comments(0) | -