遠くまで

更新停滞中です。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

ありがとう、榎本径

もう一週間になりますが、終わっちゃいましたね〜、「鍵のかかった部屋」!
11話の「ガラスのハンマー」は最終回にふさわしい重厚さで、特にラスト近くの佐藤との対決は見ていてぞくぞくしました。

特別に表情豊かなわけでもないし(榎本径はなおさら)、ここが素晴らしい!ということを言葉で説明するのは難しいのだけど、大野さんが演じた役は大野さん以外のキャスティングが考えられなくなります。大野さん自身の雰囲気・佇まいがキャラクターとひとつになって、本当にその役を生きているように見ている側が感じられるんですね。
三か月間、楽しませてもらいました。ありがとうございました。

ところで、これはたまたまだと思うんですけど……
私の住んでいる地域では、最終回のオンエア中に進研ゼミとオロナミンのCMが入りました。最終回にメンバーがサプライズ出演!みたいな企画は時々あるけれど、翔さんが榎本を応援しているようで何だか嬉しかったです。
「鍵のかかった部屋」 | comments(0) | -

最終回直前

次回、いよいよ最終回の「鍵のかかった部屋」。ドラマが始まってから今まで、何だかあっという間だったなあという気がします。
榎本はもちろん、青砥さんも芹沢さんも愛すべきキャラクターで、この三人組だからこそとても楽しかったし、安心して見ていられた。明日の最終回で榎本の決定的な何かが明らかになってしまうのか、それとも別の形での「次」へのつながりが期待できるラストになるのか。明日はぜひリアルタイムで見たいな。

ところで「an-an」のことですが、いまだに妙に気恥ずかしくてじっくり見ていません。そんなセクシーショットじゃなくても、ふつうでよかったのに……!(笑)
「鍵のかかった部屋」 | comments(0) | -

まさかの共演

先週の「鍵のかかった部屋」、ゲストには坂本先輩! 予告でちらっと先輩が映ったときから楽しみにしてました〜!

話の作りやトリックに関しては「いやいやいや、それはないやろ」と突っ込みたくなるようなところもあったけど(笑)、まさかの共演が見られたのでもう満足です。劇団に所属している脚本家兼パフォーマー、忍耐強さと優れた身体能力を持っている人物という意味で、坂本くんらしい役どころでしたよね。

あとは休日モードの青砥さんがかわいかった! いつもはビシッとしたパンツスーツの女の人が、休日には肩の力の抜けたスタイルになると、かわいさ5割増しくらいになることがわかりました(笑)。あ、もちろん休日の榎本径さんもステキでしたよ。こちらはあんまり普段との違いがわからなかったけど。

ところで、皆さまはもうDVDはご覧になりましたか。私はというと、やっと先月に出た5人表紙の「H」を入手できたという始末…… DVDの感想なんて、まだまだずっと先のことになりそうです(笑)。
「鍵のかかった部屋」 | comments(0) | -

来栖さんという女性

ゴールデンウィークも終わっちゃいましたが、明日は「鍵のかかった部屋」だと思えば、がんばろうという気持ちもわいてきます! ドラマが毎週月曜日オンエアって、そういう意味ではなかなか良いかも。

先週の第三話は、相武さん演じる来栖さんというキャラクターにひき込まれて見ていました。男性ばかりの将棋の世界において、女性だからというだけでいろいろ不利なこともあったかもしれない。でもそれはそれとして、彼女たちの行動が正当化されるわけでは絶対にない。……だけど、頭ではわかっていてもなお、肩入れしたくなってしまうようなキャラクターでした。印象的だったのは、勝負に負けた後に自分の罪をあっさりと認めて、青砥さんに挑戦的な発言をするシーンの「悪女」っぷり。他のどのシーンよりも彼女の美しさと凄み、そして(ある種の)潔さが際立っていました。許されない罪を犯していることは確かなのに、どうしても憎み切れないところがある来栖さん。彼女の弁護を引き受けたいという青砥さんの気持ち、わかる気がするなあ。

……ところで、榎本径さんは相変わらずステキでした(笑)。美人を目で追ってしまったり、恋愛のことを聞かれて挙動不審になってしまったり、少しずつ彼の人間らしいところが見られて楽しい。月曜日は来なくていいけど、第四話早く始まれ〜!(笑)
「鍵のかかった部屋」 | comments(0) | -

榎本、登場!

始まりましたね、「鍵のかかった部屋」! …って、もう先週の話なのですが。

表情を大きく変えることなく、淡々と専門知識を語り、淡々と密室の謎を解く榎本径。抑揚を欠いたしゃべり方も、あえてそういう役作りなんだろうな。滑舌にちょっとドキドキする部分もあったけど、大野さんの柔らかい声は好きです。それから、今回の個人的見どころは「手」! 私は手フェチではないですが(笑)、大野さんの手ってやっぱりキレイだわ〜と改めてうっとり。指の形がシュッとしてるし、質感も柔らかそうなんですよね。このドラマ、細かい作業の場面が多いので、大野さんの手を堪能できそうです。

まだ榎本径のキャラクターが今ひとつつかめないけれど、そこは今後に期待。
第二回はもう明日放送かー。ドラマが始まると一週間が早いですね!
「鍵のかかった部屋」 | comments(0) | -