遠くまで

更新停滞中です。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

一夜明けての感想

昨日の「父上様」感想の続きです。

京都の有次、私も持ってるー!
とお揃い気分で妙に嬉しかったです。
(ただし、ドラマでは名前入り包丁、ウチにあるのは300円くらいの菜箸…)

竜さんがその左利き用の包丁をお餞別にくれるときの、

「お前はもともと左利きだ。今は訓練して右でも包丁を使えるようになっているが、どちらでも使いやすい方を選んだら良い。」

みたいなニュアンスの台詞にちょっとじーんときました。

多分、これって物語の展開的には必要ない設定です。
つまり、本来は左利きであるニノミヤさんの為に入れられた台詞、
こういう台詞を入れてくれることに、脚本家の先生のニノミヤさんへの思い入れの強さが表れている気がして。

でもあの終わり方はまだ含みを残しているように思えて仕方ありません。
ひょっとして続編…?とか、あったらいいな。
「拝啓、父上様」 | comments(0) | -

3ヶ月間

派手さはなくても、「滋味」のようなものがあるドラマでした。

3ヶ月間、ありがとう!
楽しませてもらいました。
「拝啓、父上様」 | comments(0) | -

追いついたよ!

祝日のおかげで「父上様」に追いつきましたー。

セレブの集まるフレンチレストランに行ってワクワクする一平ちゃんがわんこでした。
尻尾が見えるようでしたよ。かわいいなあ。

予告を見る限り、いつもと変わらない淡々とした感じで話が進みそうですが…
いよいよ明日、最終回。楽しみ!
「拝啓、父上様」 | comments(0) | -

ためてしまった…

「拝啓、父上様」をもう三週間ぐらい見てません。
その時間は何かと忙しくて、でも見るときはじっくり見たいし…と思ってたら、どんどん録画がたまっていってしまいました。

もう三月半ばだし、そろそろクライマックスなんじゃないの??
(←最近、見てないから知らない)
最終回はリアルタイムで見たいから、今週末にがんばらないと!
「拝啓、父上様」 | comments(0) | -

夢子さんの着物

昨日は語りのことばかり書きましたが、「拝啓〜」の夢子さんの着物の着こなしも、とても好きです。

昨日の放送分は優しいベージュ色の、細かい柄の着物に、たしか黒っぽい帯。
着物の色が上品で、八千草薫さんにもよく似合っていました。

あんな風に着物をさらっと着られるのって憧れです。
「拝啓、父上様」 | comments(0) | -