遠くまで

更新停滞中です。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< グッズのこと。 | ステージリポート >>

「FREESTYLE」大阪会場

二回目の幸運、「FREESTYLE」大阪会場に行ってきました。

今回もびっくりするほど長い感想です。
見る前にいろいろ聞いていたので、ちょっと覚悟して行ったんですが、楽しかったです。
一言でまとめると「大阪に持ってきてくれてありがとう!」でした。
理由は単純に、自分がじっくり作品を見られたこと、それから周りのお客さんが喜んでいたこと。
以下、ぼちぼちと書いていきます。

東京の会場は地下だったけど、今回はスカイホール、つまりドームのてっぺん近く。
天井が高かったのかなあ? 東京会場よりも何となく広く感じました。
受付でお姉さんに名前を言うと、名簿と付き合わせて確認されます。
顔写真つきの公的証明書を持って行ったのに、
「銀行カードか何かありますか?」
とまで言われたのはちょっと謎。
免許証持ってるのがそんなにエライんかー!(笑)

受付を済ませると、あとはご自由に、という感じで中に入れます。
平日の午後でたまたま空いている時間だったのか、前回よりもゆっくり見ることができました。
東京では入っている人が多すぎたので、行列で動いていく感じだったんですよね。
(ただ、大阪でもなかなか入場できない時間帯があったそうです。
この辺りは、時間帯によってかなりばらつきがあるのでしょう。)

j-webにも書かれていた通り、展示されているもの自体はほとんど東京と変わっていないと思います。
大きく違っているのは、作品の展示方法と会場の空気。

「H」でも取り上げられていたように、東京会場では大野さん自身がアイデアを出して配置したり飾り付け(笑)したりされていたようですが、今回はそういう跡は特に見あたらず。
つまり、あの壁の板に直接書かれたメッセージなどもなく、会場の「手作り感」みたいなものはありませんでした。
東京会場のあの温かい感じが良かった!
と思っておられる方は、その点で、今回がっかりされるかもしれません。

そして会場の空気について。
東京ではマスコミにも注目されたし、
「個展、すごいね!おめでとう!」
というお祝いムードがすごく色濃くありました。
受付のメンバーや関係者からのお花もその気分を盛り上げ、多くのお客さんもそういう気持ちで入場していたと思います。
でも今回はすでに、表参道での個展が成功してしまっているから、お祝いする雰囲気は私にはほとんど感じられませんでした。
それは残念なことだと思いますが、その分、会場も落ち着いていた気がします。

今回もう一度、作品を見るチャンスをもらって、初めて気づいたこと。
「メチャ簡単だった」
とコメントしてある相葉さんの似顔絵にも、何度も描き直した跡があること。
web連載の原画で、「赤」「肌色」「ジーパン色」「濃いジーパン色」(←!)と細かく指定がしてあるかと思えば、「何でもいい」と書かれている部分もあること。
「SATOSHI」の小さいグラフィック作品の文字の中に「MIYA」(…にのMIYA?)の文字もこっそり混じっていること。
ゆっくりじっくり見られたから、そんな細部にリアルを感じることができました。

そしてガマドン。この、どこか哀愁ただようロボット…!
前回はさらっと見てしまいましたが、他の方の感想を読んで、次はちゃんと見てこよう!と思っていました。
体には「ガマドン」「ガマドン」と二回も書かれ、
「でも実際、これが家にあったら相当邪魔だな…」
というかなりの大きさで、それでも所々に見えるファンシーさ。
デコ電みたいなマイク、鳥かご?に入った動物の模型、そして極めつけは肩の小鳥さん!
配置場所に不満はあるけれど、これを目の前で見られて本当に良かった。

あとね、私、他のお客さんの声を聞くのがすごく好きなんですよ。
コンサートや舞台に行って、みんなが
「楽しかったねぇ」「格好良かったねぇ」
とか言っていると、それだけで自分もハッピーになる。
(流されやすい、とも言います・笑)

だから今回もフィギュアをのんびり見てる私の隣で、
「好きな顔の人おった〜?」
「見つからへん、好きな顔(笑)」
とか、メンバー似顔絵の「意外に簡単だった」とコメントされている絵を見ながら、
「大野君、意外に漢字書けてるやん!」
とか、みんながそういう感想を口々に関西弁で言ってるのがいいなー、と思って。

だってこの個展、入場料無料なんだから、興行的には全然儲からないと思うんです。
それでもファンの「見たい!」という声を受けて全国巡回が決まり、東京に行けなかった人にも実際に作品を見るチャンスをくれた。
何だかもう、それだけで嬉しい。

…ということで、最初の「大阪に持って来てくれてありがとう!」になるのです。
これだけ言うのに、ああ、長かった。


ところで、二月に買ったアートカードをそろそろ飾りたいと思っているのですが…
適当な額はどこで見つかるのか(笑)、どなたかご存じないですか?
「FREESTYLE」 | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

COMMENT FORM